私鉄系ホテル5社が交通系電子マネーの相互利用に合わせて連携ポイントサービスを開始

2013年1月24日13:08

福岡県福岡市の西鉄ホテルズ、愛知県名古屋市の名鉄イン、富山県富山市の富山地鉄ホテル、静岡県静岡市の静岡鉄道、東京都港区の京急イーエックスインの 5 社で構成するホテルネットワーク「Rail Inn ネットワーク」では、2013 年 3 月 23 日から始まる交通系電子マネーの全国相互利用スタートに合わせて、同日より「Rail Innネットワーク」内での横断的なポイント提携(nimocaポイント、名鉄たまルンポイント、ecomycaポイント、LuLuCaポイント、京急プレミアポイント)サービス「Rail Inn ネットワーク  連携ポイントサービス ~お持ちのカードでたまります~」を開始すると発表した。

Rail Innネットワークは、2008年 10月に私鉄系のホテル事業者間で提携を始めたホテルネットワークで、現在 5事業者・合計 29のホテルを全国で展開しており、これまで共同仕入れや共同販促などで協力してきた。今回、3月 23日の全国相互利用スタートを機に、顧客へのさらなる利便性向上を目的として、ポイント提携サービスを行うという。

対象店舗は、全 29店舗の計 6,959室となり、ポイント付与率は、西鉄インが支払い210円につき1ポイント、名鉄イン、富山地鉄ホテルが支払い200 円につき1ポイント、静鉄ホテルプレジオが支払い105 円につき1ポイント、京急EXインが1泊(1室)につき100 ポイントとなる。

例えば、nimocaポイント会員が、富山地鉄ホテルに宿泊し、宿泊代金8,400円をクレジットカード決済した場、nimocaポイントが42 ポイント付与される。また、ecomycaポイント会員が、京急 EXインに宿泊し、宿泊代金8,400円をnimoca 決済した場合、ecomyca ポイントが100 円相当分還元されるという。

page toppagetop