PayPal英国政府のID認証を勝ちとる(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年1月30日9:00

PayPalは個人間送金や決済サービスの会社だと思っていたのだが、ID認証サービスも提供しているとは。契約を勝ちとったのは米国ではなく英国。

PayPalは政府の公共サービスにオンラインでアクセスする人に対し、安全なID登録サービスを構築運営することになった。

といっても、PayPal1社がこのサービスを提供するわけではない。すでに郵便局やエクスペリアンなど7社が英国の労働年金省のサービスを請負っている。PayPalは8社目になる。

英国の労働年金省は、福祉や年金政策を策定運営。英国最大の公共サービス機関で、2,000万人以上にサービスを提供している。

英国政府へのアクセスはPayPalのID入力だけですむため、名前やパスワードを入力する手間を省くことができる。労働年金省での実績をふまえ、ほかの公共サービスにも順次拡大していく予定だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop