ゴジラハッカーを起訴(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年2月5日9:00

米当局はゴジラウィルスを作成し配信したとして、3人のハッカーを起訴した。ゴジラウィルスは世界中の百万台以上のコンピューターに感染し、銀行口座情報にアクセス、数百万ドルを盗んだといわれる。

考案者はニキータ・クズミンで、すでに2010年4月に逮捕。米連邦検事によると、被疑者はさまざまな容疑で罪を認めたという。

ラトビア人のデニス・カロボスキーとルーマニア人のイオニュ・ポーネスキューは、後日逮捕され、米国への身柄引渡を待っている。

米国内でゴジラウィルスに感染した件数は少なくとも4万件。その中にはNASAも含まれ、被害額は数千万ドルにおよぶ。

ウィルスはPDFやUSBについて感染。銀行口座番号やユーザー名、パスワードを収集する仕掛けになっている。

クズミンはこれにより、95年間も刑務所に拘束される。カロボスキーや67年、ポーネスキューは60年だ。ハッカーの代償は重い。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop