超速の100万人、100万件達成(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年3月7日9:00

スウェーデンには決済ベンチャーが多い。そういう文化なのか、国土なのか。欧州ではじめて紙幣を発行したのはいまから350年前。世界初のキャッシュレス国家を宣言したのもスウェーデンだ。

Facebookを利用してギフトカードサービスを提供するラップ(Wrapp)も決済ベンチャーの1社。本社はストックホルム、米オフィスはサンフランシスコだ。

ベンチャービート(Venture Beat)は、ラップを世界ではじめてのソーシャルギフティングサービスだと評している。

ラップの実績はすごい。スウェーデンでサービスインしたのが2011年11月。それから14カ月後の2012年1月、100万ユーザーに達した。これは写真ソーシャルのピンタレストよりもはやいペースだ。

加速したのは昨年11月。クリスマスシーズンに備え1日最低1社を目標にギフトカード発行パートナーを獲得したことが功を奏した。

2013年2月21日には、贈られたギフトカードの利用件数が100万件を超えた。ラップ利用者の90%はスマートフォン利用者だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop