NZで自社クレジットカード発行(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年3月10日9:00

大手小売流通でのカード利用は年々増えている。特に欧米では。ニュージーランドの大手スーパーは、いままでいろいろなクレジットカードを受付けてきたが、このたび自社クレジットカードを発行することになった。

ウールワースの子会社カウントダウン(Countdown)でのサービス。年間8,000万件強のカード支払いを受付けていたが、すべて他社が発行したカードだった。

これだけの取扱件数があれば、自社化を考えるのは当然のなりゆき。利用者のデータを蓄積すれば、いままでにないサービスも提供できる。

ということで、GEキャピタルと提携。3月4日からワンカード(Onevard)という名称で売出すことになった。

カウントダウンでの利用にはポイントが2倍つく。というしくみは世界共通。このカードにビザが推進する非接触決済ペイウェイブ(payWave)を搭載するというのが新しいところ。

非接触決済でスーパーのレジでのスピードがあがれば、顧客満足度もあがる。レジの効率化もはかれる。これが自社カード発行の大きな動機になっているといえよう。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop