ケニアGDPの31%がモバイル決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年3月13日9:00

モバイル決済の浸透率は、先進国よりも開発途上国のほうが進んでいる。ケニアのM-Pesaはそれを象徴するモバイル決済だ。

2007年に少額ローンを送金する仕組みとしてスタートしたM-Pesa。それが出稼ぎ労働者にとって、ふるさとの家族への送金手段として欠かせない存在になった。

M-Pesaを運営する携帯キャリアのサファリコムは現在1,900万人の顧客を保有している。これはケニアの成人とほぼ同数。そのうち、1,500万人がM-Pesaのユーザーだ。

M-Pesaは毎秒80件のトランザクションを処理している。その結果、ケニアGDPの31%を取り扱うまでになった。金融インフラが未整備のエリアのほうが、モバイル決済などの新しいサービスの浸透速度がはやい。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop