福岡市に「エコ・アクション・ポイント」のプラットフォームを提供(JCB)

2013年3月27日15:10

ジェーシービー(JCB)は、 福岡県福岡市と提携し、2013年4月1日から、福岡市が実施する「ECOチャレンジ応援事業」へJCBが運営する環境省推進事業「エコ・アクション・ポイント(EAP)」のプラットフォームを提供すると発表した。

2013年度 福岡市「ECOチャレンジ応援事業」(出典:JCBのプレスリリース)

ECOチャレンジ応援事業は、市民の家庭における省エネ行動の促進を目的に、福岡市が2011年度より実施している「省エネチャレンジ応援事業」にJCBのEAPを導入した事業となる。先着1,000人の参加者は、福岡市が事前に設定した「エコアクション」(環境保全に寄与する行動)を実施し申請を行うとEAPが付与され、ECOチャレンジ応援事業のWebサイトおよびEAPのWebサイトで自身のEAP数およびCo2削減量が確認できる。

今回の提携は、EAPを導入することで市民のエコライフを応援し、家庭などでのCo2削減や環境保全に関する啓発を進めたい福岡市と、EAPの推進を通じて、環境保全に貢献したいJCBの想いが合致し実現した。ECOチャレンジ応援事業においてJCBは、登録会員・ポイント・交換商品の管理を実施。福岡市はエコアクションの企画や実施、EAPの付与などを行う。

参加者は、電気やガスの使用量削減に加え、家庭用LEDの購入やコミュニティサイクルの利用、マイバッグの持参などでEAPが貯まり、ポイントは交通ICカードのポイントに加え、家電製品や生活消耗品、キッチングッズなど、約80種類の商品と交換が可能だ。

page toppagetop