Amexの青い鳥が政府給付金をはこぶ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年4月8日14:49

Amexがウォルマート向けに発行しているプリペイドカード「ブルーバード」がFDIC(連邦預金保険公社)の保険対象になった。

つまり、ブルーバードにロードされた資金は、万一ウォルマートやAmexが破綻しても、保全されるのである。

この結果、ブルーバード口座は、政府給付金の受取口座として利用できるようになったのである。生活保護や失業保険、税金還付、子供手当などの給付をブルーバードのプリペイド口座で受取れる。

ウォルマートやAmexにとってこの意義は大きい。年間10万ドルの資金をこの口座にロードできる。ダイレクトデポジットに指定されたカードの利用率や利用金額は、一般のプリペイドの2倍以上になるのだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop