米国でもPayPal加盟店融(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年4月13日9:00

英国でテスト中のPayPal加盟店融資を、米国でもテストすることになった。対象とする加盟店はeBayの出店者。米国だけでも数百万人いる。

PayPal傘下のビルミーレイターでは個人を対象にクレジットビジネスでの実績がある。それをオンラインショップのスモールビジネスにまで拡大する計画だ。

英国でのテストは事前に選定した少数の加盟店で実施していたが、テストは終了。これからは本格展開のフェーズにはいる。

金融機関の多くは2008年のリーマンショック以降スモールビジネスに対する融資を絞っている。スモールビジネスにとって、資金繰りがきびしいというのが現状だ。

PayPalは果敢にスモールビジネス融資を拡大しようとしている。エスタブリッシュメントに一泡吹かせようという狙いだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop