ANZモバイルアプリ100万人突破(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年4月16日9:00

豪銀のANZがモバイル送金サービスアプリをスタートしたのは早かった。2010年ゴーマネー(goMoney)というネーミングのiPhoneアプリとしてスタートした。

口座客ならだれでも送金できる。送金方法は単純。受取手の携帯番号を入力するだけでいい。アンドロイド版は2012年9月に導入。現在まで総計6,100万件のトランザクションになった。

総額は350億豪ドル、約3.5兆円というからすごい。2013年4月初旬、ゴーマネーの利用者数が100万人を超えた。2年半での達成だ。毎時2万人がログインしている。

ANZのWeb利用者が100万人を超えるのにかかった年月は8年だ。それを考えるとモバイルの威力はすごい。パーソナルにいつでも携帯しているため、送金が便利なのだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop