ドラックストア業界初、新生堂薬局がチャージ式ポイントカードを導入(バリューデザイン)

2013年4月22日13:42

ギフト・プリペイドカードのASPサービスを提供するバリューデザインは、九州でドラックストアチェーンを展開する新生堂薬局にプラスチックカード型ギフト・プリペイドカードサービス、「バリューカードASPサービス」を提供したと発表した。ドラックストア業界でのハウス電子マネー導入は初となる。新生堂薬局では、4月15日から従来の「ハッピーカード」がチャージ式カードに変更された。

チャージ式のポイントカードシステム「ハッピーカード」(出典:バリューデザインのプレスリリース)

ハッピーカードは、1,000円以上1,000円単位(5万円上限)でチャージ(入金)が可能なプリペイドカードである。また、入金、利用金額に応じてポイントが貯まるのも特徴だ。例えば、1,000円以上の入金で0.5%のチャージポイントを進呈。また、ハッピーカード、現金、クレジットカードでの買い物で、200円ごとに買物ポイント1ポイントが付与される。さらに、貯まったポイントは1ポイントから利用が可能だ。

また、新生堂薬局では、3月15日から、期間を限定し、一般カードより多くポイントが貯まる従業員カードの運用をスタート。従業員が使いやすいと感じることで顧客にもカードを薦めやすくなり、さらなる活性化になると見込んでいる。

page toppagetop