英国人の延滞と心配事(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年4月30日9:00

クレジットカードの請求書に対し、毎月きちんと返済している人と、そうでない人の比率はどうなのだろうか。英国のマネースーパーマーケット(MoneySupermarket.com)が調査を実施した。

その結果、過去1年間に少なくとも1回、クレジットカードの返済が遅れた人は18%になった。人数にして300万人だ。

次に多かったのは税金の延滞者で、200万人いた。その他、携帯電話料金や電気代、家賃の延滞者が上位を占めた。

うっかり忘れを含め、これらの延滞で、クレジットスコア(個人の信用力をはかる指標)は悪くなる。英国人の22%がクレジットスコアの悪化に懸念を抱いていることがわかった。

毎月遅れずに返済しよう。それが信用力を高める鍵。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop