レシートと利用明細をマッチング(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年5月1日9:00

カード支払いの際、レジでもらう紙のレシートを保存し、あとで利用明細と照合する。これはけっこう手間ひまがかかる。

一般消費者にくらべ、スモールビジネスの場合はカード利用件数が多く、さらに煩わしい作業となる。

アメックスはこんな悩みをもつスモールビジネス向けに、カード利用のレシートと利用明細をマッチングするサービスを開始した。スマートフォンのアプリケーションをダウンロードして使う。

名づけてレシートマッチ(ReceiptMatch)。アメックスのビジネスカード保有者が対象だ。紙のレシートをスマートフォンで撮影すれば、電子利用明細書の該当する行と突合してくれる。

レシートマッチは小さなバックオフィス業務の改善だが、スモールビジネスにとっては大きな支援になる。煩わしさから解放され、時間の有効活用で営業や企画に専念できる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop