支店と呼ばずミニストア(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年5月2日9:00

リテールバンキングを推進するウェルズファーゴは、支店をブランチとは呼ばず、ストアと呼んでいる。

チェイスやバンクオブアメリカはスマートフォンやタブレットの普及にあわせて、次世代型の支店を相次いでオープンしている。

この流れを受けて、ウェルズファーゴはミニストアという小規模の支店をスタートした。コンセプトは「お隣のストア(Neighborhood Store)」である。

規模は一般銀行支店の3分の1という小ささ。ATMだけをならべたスペースではなく、次世代ATM、つまり自動テラーマシーンを設置している。

人間のかわりに、機械が窓口係として機能する。どんなスペースにも柔軟に対応可能で、エネルギー効率を考えたデザインになっている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop