ウォルマートがPayPal拒否(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年5月12日9:00

PayPalはディスカバーと提携し、地上か名店の開拓を推進しているが、小売流通最大手のウォルマートがPayPal拒否を打ちだした。

理由は、既存の決済があるなかでPayPalを導入する意味がないというもの。コストが高く、いままで以上にオペレーションが複雑になるという。

PayPalはすでにノードストロムやバーガーキング、セフォラなどの大手加盟店と契約しているが、ウォルマートはPayPalの行く手に立ちふさがったカタチだ。

オンラインでは、アマゾンもPayPalを受付けていない。ウォルマートやアマゾンは独自の決済手段を提供している。ウォルマートの本音はデータ所有。PayPalにウォルマート客の利用情報をわたしたくないというのが本音のようだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop