ATM強盗45億円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年5月22日9:00

ブルックリンの米国連邦検察は、史上最大のATM強盗があったことを発表した。その額4,500万ドル。日本円にして約45億円だ。

手口はハイテクを使い、洗練されたものであったという。プリペイドカードを扱っているインドの会社のシステムにハッキングで侵入。引出限度額を上げたり、消去したりした上で、不正カードのIDデータを追記した。

このデータを磁気ストライプカードに書込み、新たなカードを作成。使い古したカードが、無制限に引出せるカードに変身する。

このカードを世界中のアソシエイトと呼ばれる仲間に配布。ATMから現金を引出して、ロレックスや車を購入し、マネーロンダリングを繰返していた。

日本でも不正カードが使われた形跡がある。まるで映画の「オーシャン13」をみているような手口だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop