ネットとリアルを横断した共通ポイントサービスが7月に誕生(Yahoo! JAPAN/CCC)

2013年6月4日11:49

Yahoo! JAPANを運営するヤフー(Yahoo! JAPAN)と、「Tポイント」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、2013年7月1日に、「Yahoo!ポイント」をTポイントに切り替え、「T-ID」を「Yahoo! JAPAN ID」に統一することを正式に決定したと発表した。

これにより、「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」「Yahoo!ゲーム」などYahoo! JAPANの16サービスや、Yahoo! JAPANの提携サイトにおいて付与するYahoo!ポイントを、Tポイント・ジャパンが提供するTポイントへ切り替える。これにより、Yahoo!ポイントはTポイントに統一され、今後はインターネットのみならず、「TSUTAYA」や「ファミリーマート」など日本全国5万7,000を超えるTポイント提携店舗でも貯まり、使えるようになる。両社では、「ネットとリアルを横断した日本最大の共通ポイントサービスが誕生する」としている。

会員がこれまで貯めたYahoo!ポイントは自動的にTポイントへ移行されるため、顧客自身による手続きは不要だ。また、移行したTポイントは、全国のTポイント提携先で1ポイント1円として利用できる。その際は、Yahoo! JAPANにTカード番号を登録することが条件となる。

また、T-IDをYahoo! JAPAN IDに統一し、今後はYahoo! JAPAN ID1つでインターネット上でTポイントサービスを利用できるようになる。

Yahoo! JAPANでは、2013 年6 月4 日~6 月30 日まで、ポイントとIDの統一を記念し、Yahoo! JAPANのFacebook公式アカウントに「いいね!」を押すと、抽選で1 名に100万ポイントが当たるキャンペーンを実施。今後は、Tポイントに関連したキャンペーンを、TSUTAYAをはじめとしたTポイント提携先とともに随時展開していく予定となっている。

両社では、2012年6月に合意した戦略的資本・業務提携に基づき、インターネットとリアルの双方で大きな基盤をもつ両社の強みを生かして、さまざまな取り組みを進めている。Yahoo! JAPANは、CCCがTポイントプログラム運営事業を新設分割して設立した新会社であるTポイント・ジャパンに対する15%の出資および、同社代表取締役宮坂学氏の役員派遣を2013年4月26日付けで完了している。

page toppagetop