「OLたちのお金とお財布に関する意識・実態調査」を実施(日本デビットカード推進協議会)

2013年6月21日16:22

キャッシュカードによるデビットカード事業「J-Debit」の推進を行う日本デビットカード推進協議会は、20代~30代の女性会社員(OL)500人を対象に、お財布の中身、お金の使い方や衝動買いについてアンケートした「OLたちのお金とお財布に関する意識・実態調査」を実施した。

まず、「普段、お財布の中に入れている現金の金額」について聞いたところ、「5,001円~1万円」(23%)が最も多く、次いで「1万1円~1万5,000円」(21%)という結果になった。

また、財布の中に入れている代表的な4種類のカードの枚数について聞いたところ、各々のカード枚数の回答の平均値は、「クレジットカード:2.0枚」、「キャッシュカード:2.6枚」、「電子マネー:1.0枚」、「ポイントカード:6.2枚」という結果になった。合計カード枚数では「10枚以上」が58%であり、全体平均は11.9枚となっている。

さらに、1カ月当たりの使用金額を聞いたところ、その回答の平均値は、「現金:4万5,130円/月」、「クレジットカード:5万4,138円/月」、「デビットカード:2,132円/月」となり、その合計は、「月平均10万1,400円」となったという。

page toppagetop