美容サロン向けの「Salon de Wallet」を9月から開始(ハイパーソフト/DNP/C-SAM)

2013年7月16日10:00

ハイパーソフト、大日本印刷(DNP)、シーサム・ジャパンの3社は、ハイパーソフトが全国2,000店の美容サロンで展開しているPOSシステム「Salon de Net(サロン・ド・ネット)」と連携したスマートフォン用サービス「Salon de Wallet」を2013年9月から開始する予定であると発表した。

「Salon de Net」と連携したスマートフォン用サービス「Salon de Wallet」のイメージ(出典:ハイパーソフト、DNP、C-SAMのプレスリリース)

同サービスは、美容サロンの顧客がヘアサロン、ネイル、エステ、マッサージなどの会員証をスマートフォンで一元管理できる機能や、美容・ヘルスケア・ファッションに関する新製品情報やクーポンを提供し、既存顧客の満足度を高め、新規顧客の拡大に役立てていくという。

Salon de Netは、顧客にネットでのサロン予約や利用履歴閲覧などのサービスを提供するほか、美容サロンの店舗管理の効率化を提供するPOSシステムとして導入されている。一方、シーサムは、スマートフォンなどのモバイルサービスのプラットフォーム事業を世界で展開。複数のアプリをWallet(財布)に見立てたアプリで一元管理するモバイルWalletサービスでDNPと提携している。

今回提供するSalon de Walletは、美容サロンのユーザーが、スマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、Salon de Netが提供しているサロン予約や利用履歴閲覧、サロンとのメッセージ交換のサービスに加え、「バーチャルサロンカード」「ポイント残高の閲覧」「過去のサロンでのヘアスタイルやネイルの履歴と、ユーザーのスマホで撮影したヘアスタイルやデザインを確認できる『ビューティアルバム』の閲覧とSNSへの共有サービス」「美容・ヘルスケア・ファッション関連の新製品・新サービスの紹介、クーポン、キャンペーン、モニタリング募集、試供品提供などのおすすめ情報の獲得」「各サロンのオリジナル商品が購入できるオンラインショッピングサービス」などを提供する。

サロンのユーザーは、NFCタグや二次元コードの付いた店内のスマートポスターにスマートフォンをかざすことでSalon de Walletアプリをダウンロード可能だ。アプリのダウンロード後、美容サロンから送信されるパスコードを画面にしたがって入力すると、その店舗のサロンカード(会員証)がアプリ上に発行される。アプリに追加されたサロンカードがユーザーを認識して、各種サービスを利用可能となる。

今後は、ヘアやネイルのファッショントレンドを掲載したヘア・ネイルカタログの配信、NFC搭載のヘルスケア機器と連動した健康・ダイエット管理や健康情報の配信、肌管理サービス等の提供を予定している。また、NFCの店舗などでの利用環境の普及に合わせてSalon de Walletで非接触決済サービスを展開するという。

3社では、同サービスを各美容サロンに導入を働きかけ、今後5年間で250万ユーザーの獲得と関連事業も含めて50億円の売上を目指す。また、同サービスをアジア各国で展開していく予定だ。

企業名 所在地 HP MAIL
大日本印刷株式会社 〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
[TEL] 03 -3266 – 2111(ダイヤルイン案内台)
HP
メール
サービス概要
国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

page toppagetop