AR技術を活用したカード入会促進策を「U-KISS VISAカード」で実施(三井住友カード)

2013年7月26日13:37

三井住友カードは、クレジットカード会員の入会申込みを促進するため、拡張現実(AR)技術の活用を開始すると発表した。その第1弾として、2013年7月27日から始まる韓国の人気アーティスト「U-KISS」のライブツアーの会場でAR技術対応の「U-KISS VISAカード」の入会案内チラシを配布し、U-KISSメンバーによるオリジナルメッセージ動画を配信する。

AR技術活用イメージ(三井住友カードのプレスリリース)

三井住友カードでは、対面によるクレジットカード会員の入会申込み勧誘にあたり、通常はクレジットカードや付帯サービスのメリットを印刷した紙のチラシやパンフレットを配布ていた。しかしながら、イベント会場などでは同社を含むさまざまな事業者がチラシ等を数多く配布するため、必ずしも十分なPR効果が期待できないケースもあったそうだ。

今回、同社チラシを受け取った人のみがスマートフォンで閲覧できる特別な動画を配信。具体的には、無償アプリ「Junaio」を顧客のスマートフォンに予めダウンロードしてもらい、アプリ起動後にチラシのU-KISSの画像にかざしてもらうだけで、U-KISSメンバー自らがカードを紹介し入会を促す動画がスマートフォンに配信されるという。

動画終了後には、自動でカード申込サイトへのリンクバナーが表示され、興味を持った人はスムーズに入会申し込みが行える仕組みとなっているそうだ。

page toppagetop