交通系ICカード「nimoca」の発行枚数が200万枚を突破(ニモカ)

2013年7月29日18:18

ニモカはこのほど、2008年5月にサービスを開始した交通系ICカード「nimoca」の発行枚数が、2013年7月16日に200万枚を突破したと発表した。

同社では、サービス開始から5年間で100万枚の発行を目標としていたそうだが、2009年10月29日に50万枚、2010年5月7日に100万枚、2011年10月15日に150万枚を達成するなど、予想を上回るスピードで普及が進み、約5年2カ月で200万枚に到達した。

発行枚数としては、電車・バスの利用に加え、商業施設でもポイントが貯まる「スターnimoca」と「クレジットnimoca」の発行枚数が全体の 52.2%を占め、なお増加傾向にあるそうだ。これは、天神地区を中心に沿線で実施している加盟店展開や、電車・バスと買い物の共通ポイントサービスなどが評価を得ているからだという。

page toppagetop