NFCの普及がさまざまな分野で進む(上)

2013年7月31日8:51

NFC(Near Field Communication)には、「スマートフォンをNFCタグかざすだけで情報にアクセスできる」「NTAG、MIFARE Ultralight、FeliCa Liteといったタグを安価に購入できる」「情報の書き換えが容易にできる」といった利点がある。また、さまざまな分野において活用できるのも特徴となっている。国内でもエンターテインメント、商業施設や店舗、図書館、金融、イベント、地域での情報提供、薬剤管理、用水路管理、マンション販売などで実運用もしくは実験が行われている。ここでは、2日にわけて、国内におけるNFCの事例や実証実験について簡単に紹介する。

エンターテインメントの分野では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、2013年3月31日から、スマートフォンを使って、繰り返しチャージできて、パーク内のレストランや物販店舗の決済が可能なプリペイド型電子マネー「ワンダー・マネー」を導入した。当初は一次元バーコードを利用したサービスのみだが、NFC/FeliCaのスマートフォンに対応したサービスの提供を予定している。

東山動植物園アプリ「タッチプレート」のPR対応の状況。タッチプレートにはFeliCa Liteを添付

また、名古屋市の東山動植物園(運営:中京テレビ)では、GPSで取得した位置情報や施設・イベント情報を提供するだけでなく、NFCタグが貼られたプレートにスマートフォンをタッチすると動物情報を閲覧できるアプリを提供している。

さらに、試験運用ではあったが、高い成果を生んだのがサンシャイン水族館だ。同水族館では、2013年2月7日~4月7日までの2カ月間、スマートフォンに水族館の魚の情報を取り込み、楽しめるサービスを実施。アプリのダウンロード者は1万人を突破。館内では、水槽脇に設置した魚名板に取り付けられたNFCタグやQRコードにスマートフォンをかざす様子が至る所で目にされた。

複数の商業施設では、NFCを活用した実験が展開されている。阪急阪神ホールディングスはモバイル会員向けO2Oサービス「SMART STACIA(スマート・スタシア)」を展開。 阪急西宮ガーデンズの「西宮ガーデンズアプリ」では、FeliCa/NFC技術を活用した来館ポイントやNFCスマートポスターの取り組みを行っていた。KDDI、大日本印刷(DNP)、三井物産、東急モールズデベロップメント(東急MD)、イッツ・コミュニケーションズの5社は、東急MDが運営するオープンモール型ショッピングセンター「グランベリーモール」において、2013年5月13日からO2O(Online to Offline)サービスの実証実験を実施。「くーぴん」、「すなっぴん」という2つのアプリを提供していたが、アプリへの誘導はメール配信やSNSに加え、モール内のポスターや店舗のPOPに設置したNFC対応スマートポスターを利用して行った。

店舗における短期のキャンペーンにもNFCは利用されている。「無印良品」を展開する良品計画は、2012年11月16日~26日まで、凸版印刷提供の「いいね!カウンター」を日本で初めて採用した店舗とSNSの連携企画「KNIT Like COLLECTION( ニットライクコレクション)」を旗艦店である無印良品 有楽町にて開催した。顧客は、紳士合計10体からお気に入りのコーディネートに「いいね!」をクリックすると、オフラインの店舗でも「いいね!」数をリアルで確認可能な取り組みとなった。

また、ギャップ ジャパン(GAP)は、日本初で初めてとなるリアルとバーチャルを融合したFacebook連動型リアルタイム投票イベント、「ハイタッチでいいね! Gapフラッグシップ銀座vs原宿コーデ投票イベント」を実施。2012年5月31日~6月4日までのイベント期間中、イチオシの最旬サマーTシャツコーディネートを着用したGapフラッグシップ銀座とGapフラッグシップ原宿のスタッフ各6人、計12人が毎日Gapのキャンペーンページに登場。ストアスタッフとハイタッチするとFacebookで「いいね!」が投稿される取り組みを行った。

飯能市立図書館でのNFCタグとスマートフォンを活用した来館者向けの図書情報システム

図書館での活用も広がる可能性を秘めている。2013年7月1日にオープンした新しい飯能市立図書館では、NFCタグとスマートフォンを活用した来館者向けの図書情報システムを提供している。来館者は、著者や書籍名、キーワードなどが記載された書棚のNFCタグ付き「タッチタグ」に、おサイフケータイまたはNFC対応のスマートデバイスをかざすだけで、さまざまな関連情報にアクセス可能だ。

カード会社では、NFCスマートフォンを活用した「Visa payWave」や「MasterCard PayPass」といった決済はもちろん、さまざまなアプリを格納できるウォレットサービスや特定の地域・店舗に送客する取り組みなど、各社研究を行っている。

書籍「NFCパーフェクトガイド」では、国内のNFCの事例、実証実験を数多く紹介している。

page toppagetop