「あたまの健康チェック」のギフトカード化を実現(バリューデザイン)

2013年9月4日15:14

バリューデザインは、ミレニアに電子マネー発行システムを提供し、軽度認知障害(MCI)の検査サービスである「あたまの健康チェック」のギフトカード化を実現したと発表した。販売価格は3,675円(税込)で、9月8日からインターネット上のサイトで販売を開始する。

「あたまの健康チェック カード」(出典:バリューデザインのプレスリリース)

あたまの健康チェック カードは、カードに記載の専用ダイヤルに電話を行い、10分程度の簡単な質問に答えることで、97.3%の高精度で軽度認知障害(MCI)を早期に発見できるチェックテスト『軽度認知障害スクリーニングテスト(あたまの健康チェック)』(MCIS)を利用できるカードとなる。医療・健康サービスのギフトカード化については米国ではすでに実用化されているが国内においてはシステム的なインフラなどの背景から進んでこなかったという。

ミレニアの提供する軽度認知障害(MCI)を早期に発見できる検査「MCIS」は、9割以上の高い確率で早期発見できるという検査結果が出ており、自治体や医療機関からの期待値も高くなっているそうだ。しかし内閣府調査によると認知症の危険度が高まる55歳以上の34.9%が、今後自分が認知症になる可能性を全く感じていないという報告となった。MCIの知名度が低い上に、受診すべき本人に危機感が少ないことが課題となっている。そこで、危機感の少ない親の健康を願う子供をターゲットにしたギフトという手段による啓蒙活動が必要ではないかと考えたそうだ。

page toppagetop