プラグラムの「スマレジ」がフライトのペイメント・マイスター、Incredistと連携

2013年9月18日13:17

プラグラムとフライトシステムコンサルティング(フライト)は、このほどiPad/iPhone/iPodTouchを用いたモバイルPOS決済システムで協業し、共同で展開していくと発表した。

「スマレジ」利用イメージ(上)と「ペイメント・マイスター」「Incredist」の利用イメージ(下)(出典:プラグラムとフライトのプレスリリース)

「スマレジ」利用イメージ(上)と「ペイメント・マイスター」「Incredist」の利用イメージ(下)(出典:プラグラムとフライトのプレスリリース)

プラグラムでは、iPad/iPhone/iPodTouchを用いたPOSシステム「スマレジ」を提供しており、小売業、飲食店、アパレルなどすでに350店舗以上の多業種の店舗で利用されている。大型レジスターや店舗サーバーを必要としない安価なPOSシステムとなり、インターネット接続環境下で、商品データや在庫データをCSV形式でインポートすれば、すぐに利用可能となっている。

一方、フライトでは、2010年9月より国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にするソリューション「ペイメント・マイスター」を販売している。すでにザ・リッツカールトン沖縄などの高級ホテル施設、レストランのテーブルチェックや観光タクシー、旅行代理店などで採用されている。また2013年4月に、J-Debit、電子マネー(今秋対応)、銀聯カード、クレジットカードといった決済を一台で実現できる新マルチ決済端末「Incredist(インクレディスト)」を発売開始している。

今回、プラグラム「スマレジ」とフライトシステムコンサルティング「ペイメント・マイスター」および「Incredist」が連携したことにより、各種カード決済に対応可能となった。特に「Incredist」と連携することで、クレジットカード(磁気カード)に限らず、IC付きクレジットカード(4桁の暗証番号入力)、銀聯カード、J-Debit、電子マネーにも対応が可能となる。

また、「スマレジ」で計算された売上金額を「ペイメント・マイスター」へ自動連携が可能になるため、売上金額を2度打ちする必要がなく、操作ミスを防ぐことができるようになる。

page toppagetop