ポイント連動のO2Oサービスをスタート(三井住友カード/デジタルガレージ)

2013年9月27日11:00

三井住友カードと、三井住友カード会員向けショッピングサイト「ポイントUPモール」の運営・管理業務を担うデジタルガレージ(DG)は、「ポイントUPモール」内で、ポイントと連動した実店舗への送客を実現する新たなO2O(Online to Offline)サービス「お店でショッピング」を2013年10月1日に開始すると発表した。

画面イメージ(出典:三井住友カードとデジタルガレージのプレスリリース)

画面イメージ(出典:三井住友カードとデジタルガレージのプレスリリース)

2006年にスタートしたポイントUPモールは、ポイントがお得に貯まるEC店舗390店で展開し、年々利用者が拡大している。今回、実店舗を対象とすることで、ネットだけでなく、店舗で買いものをしたい会員のニーズに応え、さらなるユーザーの拡大を図ることを狙っているそうだ。

今回のサービス開始に当たり、当初は小売業9社13ブランドが参加。対象となる店舗数は約1,700店で、参加店舗は、百貨店の大丸百貨店、松坂屋百貨店、阪急メンズ館東京、アウトレットモールの三井アウトレット木更津、インテリア雑貨の東急ハンズ、ファッションのGAP、紳士服のはるやま・P.S.FA・フォーエル、家電量販店のノジマ電機、ゴルフ用品のテーラーメイド・アシュワース、ドラッグストアのココカラファインとなる。

サービスを利用する会員は、ポイントUPモールに新設するコンテンツ「お店でショッピング」内の掲載店舗の中から近々訪れたい店舗を選び、エントリーボタン「ココ行こ♪」をクリック。PCはもちろん、外出先からはスマートフォンでもエントリー可能だ。その後、指定の有効期限内に選んだ店舗でクレジットカード(一部店舗では電子マネー「iD」限定)を利用すると、店舗側の任意の倍率でワールドプレゼントポイントが通常より多く獲得できる。会員にとっては、「事前にクーポンを入手する」「専用アプリを起動する」「レジでクーポンを提示する」等の手続きの煩わしさがない点もメリットとなるようだ。一方、参加店舗には、顧客の来店ではなく購買に対する成果報酬でプロモーションが実施できる、店舗への新たな機器設置やスタッフのクーポン集計等のオペレーションが発生しないので導入しやすい、といったメリットが挙げられる。

三井住友カードとデジタルガレージは、今後も対象業種・対象店舗を拡大し、今年度中に30社、来年度には100社5,000店舗以上の参加を目指す。

ポイントUPモールでは、10月1日に増加するスマートフォンユーザーのニーズに対応し、新たにスマートフォン専用の「ポイントUPモール」サイトを開設。また、利用頻度の高いショップ等を「お気に入り」として10店舗まで登録可能にするサービスを開始。さらに、10月7日から、無料で参加可能なゲームコンテンツ「ビンゴゲーム」をスタート。毎日発表される数字でビンゴが成立した順位に応じて、ワールドプレゼントのポイントを最大400ポイントプレゼントするという。

page toppagetop