マンチェスター・ユナイテッドファン必見のカードが登場(アプラス)

2013年10月29日8:00

マンチェスター・ユナイテッドファン必見のカードサービスを付帯
オリジナルグッズや勝ち点に応じたポイントもプレゼント

アプラスは、サッカーのイングランドプレミアリーグに所属するマンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブ(マンチェスター・ユナイテッド)と業務提携契約を締結し、日本国内における同クラブファン向けクレジットカード「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」と「マンチェスター・ユナイテッドカード」を発行している。同カードは、利用金額に応じたオリジナルグッズの進呈、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグシーズン成績(勝ち点)と年間(毎年4月から翌年3月)のカードショッピングご請求金額合計額(利用明細書表示額)に応じたボーナスポイントのプレゼントなど、ファン必見のカードとなっている。

GOLDとスタンダードの2種類のカードを用意
券面に「クレスト」を使用した日本独自のカード

「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」(年会費:税込10,500円)と「マンチェスター・ユナイテッドカード」(年会費:税込1,575円)は、マンチェスター・ユナイテッドの「クレスト(紋章)」を使用した日本独自のカードフェイスを用意している。国際ブランドはJCBもしくはVisaから選択可能だ。

「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」のJCBとVisa

「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」のJCBとVisa

マンチェスター・ユナイテッドは、2011年にアジア戦略の一環として、国内の提携先を探していた。金融商品についてのアライアンスも進めており、親会社の新生銀行とコンタクトを取り、クレジットカード事業を提供するアプラスとの提携カード発行に至った。

マンチェスター・ユナイテッドは、イングランドのトップリーグ「プレミアリーグ」で最多となる20回の優勝を経験。特に、1986年に監督としてアレックス・ファーガソン氏が就任してからは、イングランドの主要なタイトルを数々獲得し、世界的に見てもトップクラブの1つとなっている(現在の監督はデイヴィッド・ウィリアム・モイーズ氏)。

世界的なビッククラブとあって、当然日本にもマンチェスター・ユナイテッドのファンは多い。2012-2013シーズンからは、日本代表選手の香川真司選手も加入したことで、日本のファンがさらに増えていることは間違いない。

カードご利用金額に応じてオリジナルグッズプレゼント
グッズは非売品で海外の工場で生産

「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」「マンチェスター・ユナイテッドカード」のコンセプトは「ようこそ“Theatre of Dream”カードへ!」となり、マンチェスター・ユナイテッドファンにとって魅力的な特典を付帯しているそうだ。

入会者全員にプレゼントするオリジナルキーホルダー

入会者全員にプレゼントするオリジナルキーホルダー

アプラスがこだわったのはカードデザインだ。発行に向け、数多くの案を作成。それをもとに社内でアンケートを取り、デザインを決定した。アプラス カード事業部 マネジャー 佐藤栄作氏は、「マンチェスター・ユナイテッド側のブランドの基準がありますので、配色、位置などはそれに沿った形で作成しました。日本オリジナルのデザインでしたが、先方からも喜んでいただきました」と胸を張る。

特典については、まず、入会者全員にオリジナルキーホルダーをプレゼント。また、ゴールドカードでは入会日から入会月を含む4ヶ月後の末日まで(最大4ヶ月)のカードショッピングの利用金額(税込)の合計が10万円以上の人にマンチェスター・ユナイテッドオリジナルグッズ8点セットをもれなくプレゼント。オリジナルグッズは、トレーニングバック、メタルキーホルダー、ラニヤード、リストバンド、スカーフ、ピンバッジセット、レザーサイフ、ボールペンとなる。また、スタンダードカードでも、同じく5万円以上の利用者にオリジナルグッズ3点セット(トレーニングバック、メタルキーホルダー、ラニヤード)をもれなくプレゼントしている。「グッズを目的にカードを利用される方も多く、10万円(もしくは5万円)の利用金額に到達される方の割合は高いです」(佐藤氏)

グッズは非売品で、マンチェスター・ユナイテッドのプロモーションの一環として制作されたものだ。製品についても海外の工場で生産されているという。

さらに、ゴールドカード会員限定となるが上記8点セット該当者の中から抽選で、選手11人のサイン入りユニフォーム、サイン入りペナント、サイン入りアクションプリントがプレゼントされる。特にサイン入りユニフォームはファン必見のアイテムとなっている。

GOLDには最大1.0%のポイント還元を実施
リーグ戦の勝ち点に応じたボーナスポイントを付与

ゴールド会員にプレゼントするオリジナルグッズ。スタンダードカードでも、同じく5万円以上の利用者にオリジナルグッズ3点セット(トレーニングバック、メタルキーホルダー、ラニヤード)をもれなくプレゼント

ゴールド会員にプレゼントするオリジナルグッズ。スタンダードカードでも、同じく5万円以上の利用者にオリジナルグッズ3点セット(トレーニングバック、メタルキーホルダー、ラニヤード)をもれなくプレゼント

ポイントサービス「とっておきポイント」については、年間(毎年4月から翌年3月)のご請求金額合計額(ご利用明細書表示額)に応じてGOLDなら最大1.0%、スタンダードなら最大0.75%の還元率を適用。それに加え、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグのシーズン成績(勝ち点)と年間(毎年4月から翌年3月)のカードショッピングご請求金額合計額(利用明細書表示額)に応じて、ボーナスポイントをプレゼントしている。

「例えば、2012-2013年のプレミアムリーグのマンチェスター・ユナイテッドの勝ち点は89。GOLDで年間(毎年4月から翌年3月)50万円以上のカードショッピングのご請求金額(ご利用明細書表示額)がある場合、勝ち点の最大5倍のポイントとなるため、445ポイントが付与されます」(佐藤氏)

年間(毎年4月から翌年3月)のカードショッピングのご請求金額合計額については、GOLDで年間のご請求金額合計額が25~50万円であれば0.25%、50万円以上であれば0.5%、スタンダードで年間のご請求金額合計額が25~50万円であれば0.1%、50万円以上であれば0.25%のボーナスポイントを付与している。

ポイントの交換商品にオリジナルコースを用意
オンラインショップの商品が10%オフで購入可能

ゴールド会員に限定でプレゼントしている選手11人のサイン入りユニフォーム

ゴールド会員に限定でプレゼントしている選手11人のサイン入りユニフォーム

また、アプラスカードのポイントプログラム「とっておきポイント」にマンチェスター・ユナイテッドカードオリジナルコースを設置している。さらに、マンチェスター・ユナイテッドのオンラインショップ、レッドカフェにおいて、マンチェスター・ユナイテッドカードを利用すると10%の割引を受けることが可能だ。加えて、マンチェスター・ユナイテッドのミュージアム及びオールドトラフォードスタジアムツアーにおいてマンチェスター・ユナイテッドカードを利用すると、20%の割引が受けられるそうだ。

マンチェスター・ユナイテッドの観戦ツアーを実施
公式カードならではの特別な体験を提供

「マンチェスター・ユナイテッドカード」のJCBとVisa

「マンチェスター・ユナイテッドカード」のJCBとVisa

2012年には、JTBの協力を得て、添乗員付きのパッケージツアーとなるマンチェスター・ユナイテッドの観戦ツアーを実施。アプラスがプレミアリーグの観戦チケットを調達。現地での試合観戦に加え、マンチェスター・ユナイテッドのミュージアムやオールドトラフォードスタジアムを前日に見学できる企画を実施した。2012年は宿泊施設にアレックス・ファーガソン監督の「ウェルカムレター」を提供する演出もあり、参加者の多くが特別な体験を楽しんだという。会員からの要望も受けており、2013年も同ツアーを実施する予定だ。

また、2013年7月に同クラブが「マンチェスター・ユナイテッドTOUR2013」として来日。横浜の日産スタジアムにて対横浜・Fマリノス戦「カゴメ・リジェネレーション・チャレンジ2013」、大阪の長居スタジアムにて対セレッソ大阪戦「ヤンマープレミアム」が行われた際は、抽選で60組120名に両試合のいずれかのチケットが当たるプレゼントを実施した。また、プレミアリーグ優勝トロフィーと、同クラブでかつて活躍したブライアン・ロブソン氏、クイントン・フォーチュン氏、デニス・アーウィン氏の「レジェンド」選手が出席する来日記念イベントも開催した。

GOLDを中心に入会が好調に推移
GOLDとスタンダードカード合計で1万枚以上の発行を目指す

現状の発行枚数はGOLDとスタンダードカードが半々となり、想像以上にGOLDの申し込みが多いそうだ。一般的に、スタンダードカードよりもGOLDは審査が厳しいというイメージがあるが、「それなりのステイタスを持っている方が意識して入会の意思をいただいておりますので、むしろGOLDの方が承認率は高いです」と佐藤氏は説明する。

アプラス カード事業部 マネジャー 佐藤栄作氏

アプラス カード事業部 マネジャー 佐藤栄作氏

プロモーションについては、香川真司選手、ウェイン・マーク・ルーニー選手、ロビン・ファンペルシー選手などを活用した告知を展開。また、サッカー雑誌や大型スポーツショップの協力を得て募集を行っている。さらに、親会社の新生銀行でもポスターを掲示してもらっているそうだ。前述の日本ツアーの際はスタジアムでカード入会についての告知を展開。各スタジアムでそれなりの会員を獲得できたという。

現状、カードの稼働率は、アプラスの他のカードよりも高い数字となっている。佐藤氏は、「マンチェスター・ユナイテッドには、40代、50代のオールドファンも多いため、GOLDを用意しましたが、想像以上に入会は好調です。また、想定よりも若い層がGOLDにお申し込みをいただいています」と笑顔を見せる。

アプラスでは、戦略商品として「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」と「マンチェスター・ユナイテッドカード」の発行を強化しており、今後もプロモーションを強化していく計画とのこと。

取材(2013年8月):ペイメントナビ編集部 ペイメントナビゲーター 池谷貴

■アプラス「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」「マンチェスター・ユナイテッドカード」の公式サイトへ

page toppagetop