モバイル認証が500億の資産価値(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年11月7日9:00

携帯電話を使った本人確認サービスを提供するペイフォン(Payfone)は、新たに1,000万ドル、約10億円の投資を引出した。投資したのはEarly Warning Services LLCFJで、金融機関に不正検知のツールを提供している。

ペイフォンはニューヨークに本拠をおくベンチャー。金融サービスやEコマースなどにアクセスする際、利用者の携帯電話に通知し、本人確認する。

今回の投資を含め、ペイフォンが集めた投資額は合計4,000万ドルになる。資産価値に直すと5億ドル、500億円だ。

Warning Servicesの顧客は、バンクオブアメリカやキャピタルワン、JPモルガンチェースモルガンチェース、ウェルズファーゴなど。これらの金融機関にペイフォンのサービスも提供していく。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop