インドのOL小売市場760億ドルへ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年12月11日9:00

12.6億人という世界第2位の人口を有するインドで、オンラインショッピングが伸びている。インターネット利用者がようやく増えてきたという状況だ。これが今後爆発的に伸びる。

そう予測するのは、インドのTechnopak。2012年のEコマース市場規模は100億ドル、約1兆円だった。

そのうち小売だけにしぼると6億ドルで小さい。それが2021年には760億ドルになると予測している。なんと127倍だ。

2012年リアルの小売市場は4,900億ドルだが、2021年には1.44兆ドルに拡大。オンラインショッピング市場のシェアは0.1%から5.3%に拡大する。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop