電子決済でメキシコ政府12.7億ドル削減(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年12月12日9:00

キャッシュレス化の波は世界をおおう。各国の政府は、経済活性化と社会コスト削減のため、積極的にキャッシュレスに取組んでいる。

メキシコ政府もそのひとつ。年金や社会保障、給与などの支払いを、現金から電子決済に移行している。

The Better Than Cash Allianceの調査によると、メキシコ政府は電子決済によって、年間12.7億ドル(1,300億円)も節約できていることがわかった。

これは年金や社会保障総額の約3.3%にすぎない。さらにキャッシュレス化を推進すれば、もっと大きな節約が可能だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop