書籍「世界のオンライン決済・不正利用対策市場要覧」予約受付開始

2013年12月16日8:17

書籍「世界のオンライン決済・不正利用対策市場要覧」
~世界のオンライン決済サービス、カード不正、CNPを徹底網羅~

国内でも年々成長が続くインターネット決済市場。世界でも各国でさまざまなサービスが展開されている。また、数多くの独自サービスを展開するプレイヤーが存在する。本レポートでは、世界中のオンライン決済のプログラムやペイメントサービスプロバイダーについて紹介する。

onlinepayment1また、オンライン決済の普及に伴い避けては通れないのが不正利用との戦いだ。本書では、クレジットカードのカード不正において、eコマースやテレフォンオーダー、テレビショッピング、通信販売など加盟店でカードを提示しないCNP(Card Not Present)におけるカード不正が欧米やアジア・パシッフィックエリアでいかに増えているかを明らかにした。

さらに、EMV ICカードの世界的な取組により、CP(Card Present、カードを実際に提示して決済を行うシーン)におけるカード決済の不正対策の問題解決に大きな期待が寄せられているが、CNP(Card Not Present、カードを提示せず決済を行うシーン)におけるカード不正対策が急務となっている。そこで、CNPの現状、EMV ICカードのクレジット・デビットカードとPC用ICカードリーダライタによる本人認証、ならびにEMVICカードのバンクカードとハンドヘルドICカードリーダやディスプレイICカードを用いた二要素認証のワンタイムパスワードによる強力な認証方法について紹介する。

加えて、付録では、世界のオンラインペイメントサービスプロバイダー、Web Fraud Prevention & E-Identityに加え、成長が加速する国内のネット決済の現状と今後の市場についても取り上げる。

本書「世界のオンライン決済・カード不正対策市場要覧」が国内のオンライン決済のさらなる普及、不正利用の削減につながる参考になれば幸いである。

■出版概要
●編集・発行:TIプランニング
●発売:2014年1月31日(金)
●4色オールカラー
●価格:本体価格90,000円+税→送料は無料となります。

⇒⇒⇒お申込みフォームへ

※クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners)および銀行振り込みが可能です。
■初めて弊社と取引を行うお客様
お申込みを確認後、当社からご請求書をメールでお送りいたします。入金確認後、当社より書籍を発送いたします。

◇掲載予定項目

第1章 オンラインペイメント

1、世界のバンキングインフラと非現金決済の状況
・世界のバンキングインフラ状況とアクセス環境
・世界の非現金決済の状況

2、オンラインペイメントソリューションと資金移動 (Money Transmittance)サービス
・David Montagueのオンラインペイメントの分類
・オンラインペイメントインフォメーション(Online Payment Information)によるオンラインペイメントの分類
・BISのオンラインペイメントイノベーション
・ボストン連銀によるOnline Payment Service のモデル
・国際ペイメントサービスプロバイダのAdyen
ヨーロッパ
中東・アフリカ
南北アメリカ
アジア・パシフィック
・航空会社とオンラインペイメント
(1)航空券のオンライン予約とオンライン決済
(2)代替オンライン決済
(3) Realex Paymentと AirlinePayments.com
(4)オンラインプリペイドカード
(5)UATP(Universal Air Travel Plan)
(6)航空会社におけるオンライン不正とペイメントセキュリティ

3、オンラインペイメントサービスプロバイダとオンラインペイメントソリューション
(1)ペイメントサービスプロバイダ(PSP)
・AsiaPay
・WorldPay
・eMerchantPay
・mPAY24
・Global Payments
(2)ハイリスクマーチャント対応のPSP
・00Pay
・GSPAY
・Offshore High Risk Merchants
(3)代替オンラインペイメントサービス(Alternative Online Payments)
・PayPal
・Amazon Payments
・Skrill (MoneyBookers)
・NETELLER
・イギリスの“電子マネー法”と“電子マネー協会”
(4)オンラインインスタントクレジット
・Bill Me Later
・Billpay
(5)オンライントランスファー/マネートランスミッタンス(Money Transmittance)
・Interacのe-TransferとInterac Online
・WU Pay
・Xoom
・Visaマネートランスファー
・マスターカード・マネーセンド(MoneySend)
(6)カードベースの送金サービス(Card-Based Remittances)
・Cashplus Gold MasterCard(イギリス)
・Rush Visa Card
・iRemit Visa Card(フィリピン)
(7)モバイルペイメント
・Smart Money(フィリピン)
・GCASH(フィリピン)
(8)中国のオンラインペイメント
・Alipay(支付宝)
・Tenpey(財付通)

第2章 カード不正

1、カード犯罪の進化
カード不正の変遷
シークレットサービスUSSS(United States Secret Service)
IAFCI(旧IACCI)
アメリカにおける過去のカード不正(1990年~2006年)
2005年にアメリカで発生したスキミングによるカード偽造事件
ID窃盗によるカード不正とその対策
2005年当時のアメリカのインターネット犯罪の状況
The Internet Crime Complaint Center
日本のカード不正に対する取り組み
カード犯罪防止法

2、アメリカのカード不正
2012年度のカード不正(ニルソンレポート)
イシュアのカード不正損失とアクワイアラ・カード加盟店のカード不正損失(FRB)
2011年度のカード不正(Diebold)
アメリカのカード不正類型別(2008年度)
アメリカのカードの種類別(2009年度)の損失
アメリカ司法省のクレジットカード不正の統計(2012年)
アメリカ司法省のID窃盗の統計(2013年)

3、カナダのカード不正

4、ヨーロッパのカード不正
ヨーロッパにおける国別のペイメントカード利用状況
ヨーロッパにおけるカード不正の状況
SEPAにおけるEMV ICカード化
ライアビリティシフト(Liability Shift)

5、イギリスのカード不正
イギリスのペイメントカードとオンライン決済
コンタクトレスペイメントの急増
イギリスのカード不正の変遷
イギリスのカード不正における国内外のシェア
2012年度のイギリスのカード不正状況

6、フランスのカード不正
“OPCS”(Observatory for Payment Card Security)
フランスのカード取扱高とカード不正額の推移(2002年~2011年)
4パーティカードと3パーティカード別のカード不正の推移
フランスのカード不正の地理的内訳
フランスのCNP(Card Not Present)のカード不正

7、オーストラリアのカード不正
オーストラリアにおけるカード偽造と“CNP”(Card Not Present)によるカード不正
オーストラリアのデビットカードの不正
海外で発行されたペイメントカードのオーストラリアにおけるカード不正の状況

8、台湾のカード不正
NCCCとFISC
台湾のカード不正の状況

第3章 CNP(Card Not Present)とオンラインペイメントセキュリティ

1、VisaのCNP不正対策
Verified by Visa (VbV)
Card Verification Value 2 (CVV2)
Address Verification Service (AVS)
Account Information Security (AIS)プログラム
SET (Secure Electronic Transaction)

2、CNP CardNotPresent.com
2013 CNP Awards
2013 CNP Awards受賞プログラム
2013 CNP Awards各部門賞を受賞したプロバイダ

3、The Fraud Practice
“Fraud Prevention Techniques/ Credit Card Fraud”
“Essentials of Online Payment Security and Fraud Prevention”
カード不正対策の構造
リスクエクスポージャーに基づいたカード不正対策の戦略設計

4、Accertify(アメリカン・エキスプレス)
MRC (Merchant Risk Council)

5、DataCash(マスターカード)
CashShield
カード加盟店とのシステムインテグレーションのための二つのオプション

6、ePay Alert(AsiaPay)

7、CashRun
CashShield

8、ReD
ReD Shield
Neural Networks – PRISM
ReD Fraud Xchange

9、CyberSource(Visa)
CyberSourceのグローバルペイメントサービス
CyberSourceの不正対策ソリューション
CyberSourceのManaged Service
Authorize.Net
AFDS

10、CNP不正ソリューションとしてのICカードとICカードリーダ
ベルギー、“プロトン”(C-ZAM/PC)
香港、“PCCW・iLife Mondex/マスターカード”
シンガポール、“NETSキャッシュカード”
CEPAS
アメリカ、“アメリカン・エキスプレス・ブルー・カード”
アメリカン・エキスプレス・ブルー ビジネスカード
アメリカ、“スマートVisaカード”(プロビデント銀行など3行)
プロビディアンVisaスマートカード
Fusion Visaスマートカード
ファーストUSA・Visaスマートカード
EZリンクカード(シンガポール)
韓国、“T-マネー”のUSBカードリーダライタ
韓国、“K-キャッシュ”
最新のパソコン用ICカードリーダライタ

11、CNP不正ソリューションとしての二要素認証のワンタイムパスワード
二要素認証
EMV ICカードとワンタイムパスワード
マスターカード・チップ認証プログラム(CAP)
Visa 動的なパスコード認証(DPA)
ディスプレイICカードによる二要素認証
nagraID SecurityのディスプレイICカード
SafeNet社のディスプレイICカード

付録1:世界のオンラインペイメントサービスプロバイダ
付録2:Web Fraud Prevention & E-Identity
付録3:国内のネット決済の現状と今後の市場

page toppagetop