待ち時間より重要な列の長さ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年12月22日9:00

レジやオンラインチェックアウトの生産性をあげる。マーチャントにとって、これは重要な課題だ。コロンビア大学のビジネススクールは、レジ待ちの列の長さと購買率、売上などについて調査した。

レジ待ちの人数が5人を超えると、明らかにネガティブな作用が働くという。10人から15人になると、購買率が30%からひどい場合には70%も落ちる。売上では10%のマイナスだ。

レジ待ちの列がちょっと増えただけで、売上は減少することがわかった。価格を5%UPしたのとほぼ同様の落ち込みだ。

この調査は実際のPOS情報とレジ待ち人数を使ったもので、精度は高い。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop