スタバのギフトカード最盛期(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年12月30日9:00

スターバックスカードの購入が最も多い日はいつか。それはホリデーシーズンだということはわかる。

2012年に最も販売が多かった日は、12月19日の木曜日だった。クリスマス前の木曜日。

米国とカナダで1日200万枚以上のスターバックスカードが購入された。1分間に約1,500枚というペースだ。

スターバックスがプリペイドカードを発行開始したのは2000年。2012年のホリデーシーズンにスターバックスカードを受取った米国成人は、なんと10人に1人になった。

スターバックスは2013年のカード最盛期を12月19日(木)と23日(月)と予測している。全米でスターバックスカードが買えるところは8万カ所以上。スターバックス店内だけでなく、グローサリーストアやドラッグストア、オンラインなどのギフトカードコーナーで購入できる。

オンラインでは電子ギフトカードも販売している。デジタルなのでスマートフォンやタブレットに簡単にメッセージもつけて贈れる。デザインも豊富だ。今年は何枚のカードが売れるだろうか。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop