紀伊國屋書店でPOSA型プリペードカード「ムビチケカード」販売開始(ムビチケ)

2014年1月17日12:38

ムビチケは、インコム・ジャパンのPOSA (Point of Sales Activation)技術を活用した新しいタイプの映画前売券「ムビチケカード」、新商品「ムビチケオンライン GIFTカード」を紀伊國屋書店にて、2014年1月20日から販売すると発表した。

「魔女の宅急便」のムビチケカード(出典:ムビチケのプレスリリース)

「魔女の宅急便」のムビチケカード(出典:ムビチケのプレスリリース)

従来、ネットで座席指定できる「ムビチケカード」の販売は映画館などに限定されていたが、今回はじめて書店での販売となった。紀伊國屋書店では、POSA技術を利用したプリペイドカードモールを展開しているが、今回の「ムビチケカード」の販売を行う。映画作品の多くは原作が書店で販売されており、極めて親和性が高いため、そうした書店ユーザーに新たな価値を提供するという。

また、「ムビチケカード」を取り扱うすべての店舗のギフトカードモールでは、ムビチケの新商品「ムビチケオンライン GIFTカード」(1,400円券、2,800円券)も同時販売。同商品の店舗での販売は、紀伊國屋書店が初となる。

第一弾として、2014年3月1日公開の「魔女の宅急便」で、新商品「ムビチケオンライン GIFTカード」(1,400円券、2,800円券)も同時販売。同商品の店舗販売は紀伊國屋書店が初となる。一部の店舗では文庫と「ムビチケカード」の並列販売も行うという。

page toppagetop