「でんでん nimoca」のデザインが決定、記念カードも限定販売(西鉄)

2014年1月31日18:05

西日本鉄道は、2014年 3 月下旬からサービスを開始する熊本市電 IC カード「でんでん nimoca」のデザインが決定したと発表した。

「でんでん nimoca」(出典:西鉄のプレスリリース)

「でんでん nimoca」(出典:西鉄のプレスリリース)

カード券面は、芝生軌道を走行する熊本市電の超低床電車と、A 系統の赤色ライン、B 系統の青色ラインをデザインしている。応募総数 979 件の中からネーミングを決定した「でんでん nimoca」には、“いつでん(いつでも)、どこでん(どこでも)、市でん(電)に乗って出かけよう”という思いが込められているそうだ。

また、熊本市電 IC カードのサービス開始を記念し、1万枚限定でデビュー記念カードを発行する。記念カードは、熊本城を背景とした超低床電車のフルカラー写真に、熊本県キャラクター「くまモン」と熊本市イメージキャラクター「ひごまる」をデザインしたそうだ。

「でんでん nimoca」デビュー記念カード(出典:西鉄のプレスリリース)

「でんでん nimoca」デビュー記念カード(出典:西鉄のプレスリリース)

なお、カードの販売金額は、「でんでん nimoca」および記念カードともに1 枚 2,000 円(うちデポジット 500 円、利用可能額 1,500 円)。ともに3月下旬の運用開始日から発売される。

page toppagetop