山田学園で「学生証一体型manaca」を発行(名古屋鉄道/メイテツコム)

2014年2月13日10:00

名古屋鉄道とメイテツコムは、2014年4月から、学校法人山田学園が運営する名古屋文化短期大学(学生数約600名)及び名古屋ファッション・ビューティー専門学校(学生数約100名)と共同で、学生証とmanacaが一体となった「学生証一体型 manaca」を発行すると発表した。

「学生証一体型manaca」イメージ(出典:名古屋鉄道とメイテツコムのプレスリリース)

「学生証一体型manaca」イメージ(出典:名古屋鉄道とメイテツコムのプレスリリース)

両校では、manacaの認証機能を活用した各種学内システムへの対応や、定期券としての通学利用、学内における manaca電子マネー決済などが可能となる。両校のキャンパスライフでのさまざまなシーンがmanaca1枚で完結するため、両校が従来採用していたEdy機能付学生証に替え、「学生証一体型 manaca」を新規発行することで学生の利便性をより向上させていくという。

具体的な導入内容としては、学内複合機管理システム、学生食堂、カレッジショップ(購買)、学内自動販売機、 各種資格試験検定料及び証明書発行手数料の決済 などを予定している。

今回両校での導入により、名古屋鉄道とメイテツコムが発行する「学生証一体型manaca」は7校目(総発行枚数:約1万枚、4月末時点)となる。

page toppagetop