ファストフードがM決済加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年2月18日9:00

米国のファストフードはいまモバイルの活用を加速している。モバイル注文とモバイル決済が顧客リピートにつながるとみている。

モバイル決済で最も成功しているのはスターバックス。北米売上の11%がモバイル決済で、毎週500万件のトランザクションとなっている。

それにあやかろうと、ダンキンドーナツ、マクドナルド、ドミノピザ、KFCなどがモバイル注文とモバイル決済の導入テストを実施している。

メキシカンフードのファストフード、チポトレもその1社。10億円(1,000万ドル)をかけて、モバイルアプリをアップグレードしている。

現在は社員を対象にした実証実験段階。いかにレジスピードを速められるかを検証中だ。ファストフードにとって、スピードは命。競争の鍵となる。

チポトレのモバイル決済はスターバックスと同様のバーコード型。NFC非接触決済は敬遠した。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop