提携カード発行加盟店を中心に23店舗でO2O実証実験(オリコ)

2014年4月1日16:40

オリエントコーポレーション(オリコ)は、提携クレジットカードを発行する加盟店を中心とした18社(23店舗)において、特定のオリコカード会員を対象に、加盟店(店舗)への送客及びクレジットカードの利用促進を目的としたO2O(Online to Offline)の実証実験を4月1日から開始すると発表した。

オリコでは、クレジットカードキャンペーン実施により、加盟店への来客、及び、カード利用状況を調査し、今後のクレジットカード利用促進に効果的なプロモーション内容を検討するという。クレジットカードキャンペーン期間中の対象加盟店におけるカード利用件数・金額を基に効果を検証する。

キャンペーンの名称は、「対象店舗のお買い物でGet!!! エントリー&GO!キャンペーン』 で、2014年4月1日~5月31日の期間、18社(23店舗)で実施する。対象加盟店は、商業施設のイクスピアリ、コピス吉祥寺、コレットマーレ、サンシャインシティ、ダイナシティ、ラフォーレ原宿、ララスクエア、自動車関連のイエローハット、オートウェーブ、旅行のH.I.S、ドラックストアのマツモトキヨシ、スーパー・ホームセンターのオリンピック、ユニティ、紳士服がはるやま、百貨店の岩田屋、三越、伊勢丹、丸井今井、東武百貨店、ガソリンスタンドがEsso、Mobil、General、ENEOSとなる。

特定のオリコカード会員を対象に、期間中にエントリーのうえ、対象の店舗(加盟店)でクレジットカードを利用すると、5,000円を1口として、抽選でポイントを進呈する。1等が利用金額200万円相当分のポイント(2,000スマイル)を抽選で50名に、2等が利用金額100万円相当分のポイント(1,000スマイル)を抽選で150名に、3等が利用金額 50万円相当分のポイント(500スマイル)を抽選で300名にプレゼントする。対象のオリコカード会員は、会員向け Webサービス「eオリコサービス」より、キャンペーンのエントリーが必要となる。

オリコでは同実証実験の結果を、今後のO2Oサービスの本格展開に向けて活用するとともに、キャンペーンを通じて、提携先及びカード会員の満足度向上を図っていきたいとしている。

page toppagetop