三井住友カードと提携し多通貨クレジット決済を提供(GMOイプシロン)

2014年5月29日19:05

GMOペイメントゲートウェイの連結会社であるGMOイプシロンは、三井住友カードと提携し、オンライン決済代行サービス「イプシロン」において、21種類の海外通貨に対応したクレジットカード決済サービス「クレジットカード決済(多通貨)」の提供を2014年5月29日より開始した。

これにより、「イプシロン」を利用するEC事業者は、世界44カ国・40億人以上の消費者に現地通貨でのクレジットカード決済を提供することが可能となり、海外のネットショップ利用者の販売数増加が見込めるという。

海外の利用者においては為替の変動などを気にすることなく、現地通貨で表示された金額でネットショッピングを楽しむことが可能だ。

提供価格は、月額固定:5,000円(税抜)、決済手数料:4.0%(税抜)、外貨関係事務処理経費:2.0%(内税)となる。また、Visa/MasterCardのクレジットカード決済に対応する。

GMOイプシロンでは、「クレジットカード決済(多通貨)」の提供開始を記念し、2014年6月分から9月分までの月額固定費5,000円が2014年9月分まで無料となるキャンペーンを実施する。

なお、GMOイプシロン社の「クレジットカード決済(多通貨)」の提供の他に、GMOペイメントゲートウェイにおいては、海外各国に現地法人を持つEC事業者向けに、各国ローカルの決済手段が利用可能なサービス「GMO-PG Global Payment」を提供している。

企業名 所在地 HP MAIL
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
渋谷ヒューマックスビル
[TEL] 03-3464-2323 [FAX] 03-3464-2477
HP
メール
サービス概要
GMO-PGは、ネットショップや SNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など4万店舗以上(GMOペイメントゲートウェイグループ2013年3月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

page toppagetop