米国コンタクトレス事情(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年8月5日 12:00

米国の非接触カード端末はどれくらい普及しているのだろう。米Glenbrookが7月に調査した結果を発表した。

もっとも普及しているのがガソリンスタンドで40%がコンタクトレス端末を導入している。ガソリンスタンド内での支払いスピードアップは売上増になるからだ。

2位はドラッグストアで39%、3位はファストフードレストランで33%、4位はコンビニで27%、5位は大規模商業施設で21%だった。

これらも同じ理由。レジでの支払いスピードをあげることによって、生産性を高めようという狙いがある。顧客をレジ待ちさせないことによって、顧客満足度を高めることもできる。

その他小売でのコンタクトレス端末導入率は14%、百貨店はわずか4%だった。スピードや小銭が動かない場所では非接触カード端末の普及は低い。

米国でのコンタクトレス端末普及は思った以上に高い。接触か非接触か。いまの技術進歩を考えると、非接触が主流になるだろう。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop