法人カードでもデビット優位(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年8月8日  09:00

法人カードの取扱高は、経費削減で縮小ないしは伸悩み、というところが多い。米国の法人カードはどうか。

2009年の米法人カード取扱高ランキングがニルソンレポートから発表された。

1位はチェイスで取扱高は947億ドル、前年対比19%増だった。2位はバンクオブアメリカの594億ドルで、前年対比12%マイナス。3位はU.S. Bankの422億ドルで12%増だった。

4位はシティグループで4%減、5位はウェルズファーゴで2%減、6位はキャピタルワンで9%減だった。

6位まででみると2社がプラス、4社がマイナスとなっている。が7位から10位まではすべてプラス。トップ10社でみると6社がプラスで、4社がマイナスとなっている。

このデータには法人のクレジットカードだけでなく、デビットカードも含まれている。前年対比プラスになった企業はデビットカードの伸びが寄与。マイナスになった企業はクレジットカードの落込みが大きかった。

法人カード分野でもデビットカードが優位になりつつある。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop