小切手で1.3兆円が飛ぶ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年6月13日9:00

米国消費者の小切手利用は減っているが、スモールビジネスではまだまだ小切手利用が多い。

決済ソリューション提供のDwollaがまとめたインフォグラフによると、スモールビジネスは毎年小切手処理に131億ドル、約1.3兆円を使っているという。

スモールビジネスが小切手の署名などに使っている時間は毎月5時間。年間に直すと60時間も小切手処理にかかっている。

もしこれをカードやMobile決済に置換えられたらどうだろう。巨大な収益がそこに眠っている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop