かざすだけで回線認証を実現する小型認証デバイスを開発(NTTドコモ)

2014年6月10日18:16

NTTドコモは、SIMカードが入っていないスマートフォン・タブレットにかざすだけで回線認証を実現し、電話やメール等の携帯電話機能を利用可能にする小型認証デバイス「ポータブルSIM」を世界で初めて開発したと発表した。

「ポータブルSIM」のイメージ(出典:NTTドコモのプレスリリース)

「ポータブルSIM」のイメージ(出典:NTTドコモのプレスリリース)

「ポータブルSIM」は、内部にSIMカード、Bluetooth、NFCを搭載しており、「ポータブルSIM」内のSIMカードがスマートフォン等を介して、ネットワークと相互に認証を行うことで、SIMカードが入っていないスマートフォン等でもネットワーク接続が可能になるという。

「ポータブルSIM」をプライベート用のスマートフォン、職場に置いているタブレット等にかざすことで、1つの携帯電話番号を端末間で切り替えて利用できる。また、「ポータブルSIM」は、SIMカードの高いセキュリティ領域を利用して、ID・パスワードを保存することができ、ショッピングサイト等を利用する際に、ID・パスワードが自動的に反映されるという。

今後ドコモは、「ポータブルSIM」の更なる小型化・薄型化等の開発およびサービスとの検証を進め、商用化を目指す。また、パソコンやテレビ、音楽プレイヤー、車等のスマートフォン・タブレット以外のさまざまな機器とも「ポータブルSIM」を連携させ、ID認証や回線認証を活用した、サービスや商品の開発を目指す。

page toppagetop