海外販売を支援するECプラットフォームを展開(フューチャーショップ)

2014年6月12日13:00

ECサイト構築・運営ASPサービス「FutureShop2」を提供するフューチャーショップは、日本国内に店舗を持つネットショップの海外販売を支援するECプラットフォーム「FutureShop2 OVERSEAS」の申込を2014年6月16日に開始すると発表した。

フューチャーショップでは、一店舗当たりの年間流通額が4,000万円を超える「FutureShop2」をベースに、「FutureShop2 OVERSEAS」を開発。「FutureShop2 OVERSEAS」では、海外からのネットショップ来店者の購入しやすさや店舗が受注した後の発送のしやすさを考慮し、特商法やショッピングカート部分を英語または中国語(繁体字)で表示し、また、海外配送時に必要なインボイスの発行はもちろんのこと、日本円以外の計11通貨の為替レートを自動で取得して表示する機能、多通貨決済機能に対応する。

多通貨決済機能により、決済時にリアルタイムに反映された為替レートでの決済を実現。ネットショップ来店者には最終支払金額が購入前に一目で分かり、また、店舗は商品に設定した日本円が入金されるため、為替リスクを気にすること無くショップ運用が可能だ。

また、「FutureShop2」のオプション機能である「ポイント機能」や「クーポン発行機能」、「入荷お知らせメール」を標準搭載している。

page toppagetop