送金ベンチャーが2年で5千億円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年6月25日9:00

2012年に設立した国際送金サービスのカレンシークラウド(Currency Cloud)は、24カ月で50億ドル、約5千億円のトランザクションを達成した。

ロンドンに本拠をおくカレンシークラウドはFinTechのスタートアップ。自ら送金サービスを提供するのではなく、送金サービス企業に対し決済エンジンを提供している。

透明性が高く、速く簡単に、そして安全に決済できる次世代エンジンを提供し、国際的な送金ビジネスを拡大するというのが企業理念だ。

現在TransferWiseやMangopay、WorldRemit、FairFXなど100社強の送金会社にサービスを提供。世界212カ国40通貨強のトランザクションを処理している。2014年1月には1,000万ドルの資金を調達した。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop