メキシコでmPOS+プリカサービス登場(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年6月28日9:00

セニョールパゴはメキシコで初となるMobile決済サービスをスタートした。Sr.Pagoとは、ミスター支払いという意味だ。

ユニークなのはmPOSとICプリペイドカードを連動させ、マーチャントに提供していること。つまり、スマートフォン向けのICカードリーダとリローダブルのICプリペイドカードの両方をリリースしたのである。

ICカードリーダは約50ドル。トランザクション手数料は3.59%だ。受付けるカードブランドはVisaとMasterCard。

ICカードはMasterCardブランドで、この口座に立替払いする。マーチャントはこれで商品を仕入れたり、経費を支払ったりすることができる。

mPOSとプリペイドカードの組合わせで、マーチャントの利便性を高めている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop