チェイスが新ATMで8千人解雇(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年6月30日9:00

JPモルガンチェースは8千人の職員をリストラすると発表した。リテールバンキングと住宅ローン担当者が対象。

チェイスは大型タブレットを使った電子バンキングキオスク(EBK)を導入し、オムニチャネルに対応した新たなブランチづくりを推進している。

この先進的なツールによって、いままでクラークがおこなっていた事務処理が不要となった。小切手の現金化や1ドル紙幣まで対応した現金引出し、送金がタブレット画面で直感的にできるようになったのだ。

現在米国内で1,000台のEBKを設置済み。2014年末までにさらに600台を設置する計画だ。単純な作業は電子機器にとってかわられる。人はより知的な能力を身につける必要がある。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop