ウォルマートがMコマースを買収(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年7月3日9:00

ウォルマートの研究開発機関ウォルマートラブズ(WalmartLabs)はMobileコマース会社スタイラー(Stylr)を買収した。

大手流通はAmazonやeBayなどのオンラインマーチャントの脅威に対抗するためオムニチャネル戦略を推進している。スタイラーの買収はその一環。

現在ウォルマートアプリ利用者の約半数が店頭でスマートフォンを利用。そのうち80%が35歳以下だ。この顧客層が今後伸びると予測。スタイラーの買収となった。

スタイラーはニューヨークのシリコンアレー会社。創業者は2人のスタンフォード大学出身者。直感的にファッションアイテムを購入できるMobileコマースを立ち上げた。スタイラーはウォルマートにとって過去3年間で13番目の買収となる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop