モバイルでインドへ1兆円送金(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年7月5日9:00

米国へ出稼ぎにきているインド人は約300万人。この数は年々増加傾向にある。2013年に彼らが母国インドへ送金した額は108億ドルにもなる。

世銀の調査によると、インドは国際送金の受金国では最大手。2012年には690億ドルの送金を受取っている。

ここに目をつけたのが送金のズーム(Xoom)。インドのPunjab National Bankと提携し、銀行口座へ即時送金ができるサービスをはじめた。Punjab銀行はインドの63行をネットワークした即時決済サービスプラットフォームを提供する。

このサービスはスマートフォンから365日いつでも送金できる。iOSとAndroidの両方に対応。アプリは無料だ。米国からインドへのアウトバウンドだけで1兆円という送金市場は魅力的だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop