NFCやEMVの非接触IC決済サービス「J/Speedy」を開発(JCB)

2014年7月1日14:00

ジェーシービーと、海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、近距離無線通信技術の国際標準規格「NFC」、また、ICカードの国際標準規格「EMV」に準拠した、非接触IC決済サービス「J/Speedy(ジェイスピーディー)」を開発した。

J/Speedyのカード券面用ロゴ(出典:JCB)

J/Speedyのカード券面用ロゴ(出典:JCB)

今後ジェーシービーは、日本国内外にて、順次、J/Speedy加盟店(J/Speedy対応端末を設置した加盟店)を拡大するとともに、J/Speedyの発行について金融機関やカード会社と提携していく。また、2015年中旬を目途に、日本における自社発行事業において、カードおよびモバイルにて J/Speedyの発行を開始する予定だ。

J/Speedyは、端末にかざすだけで、サインなしでスピーディにショッピングが可能なJCB ブランドの決済サービス。NFCに準拠しているため国・地域を問わずに利用ができ、また、EMVに準拠しており、セキュリティレベルの高いIC取引が可能だ。J/Speedyは、JCB ブランドカードに搭載ができ、また、スマートフォンをはじめとするさまざまなデバイス(モバイルウォレットやウェアラブル端末など)への適用も可能なため、カードレス取引による新たな決済シーンでの利用が期待できる。

ジェーシービーの非接触IC決済サービスへの取り組みは、利用者のニーズに合わせ、日本国内においてはFeliCaに準拠した「QUICPay™(クイックペイ)」を、海外においては、台湾にて、同地限定で利用が可能な J/Speedyカードを推進している。今回、QUICPayと合わせて展開する新たなJ/Speedyは、台湾で推進中のJ/Speedyの仕様を、グローバル展開が可能な仕様へと更改したものとなる。

なお、J/Speedyのフィージビリティ検証を目的に、2014年7月より、順次、本社所在地である表参道エリアを中心に実証実験を行う。まずはカードによる実験の後、同年10月を目途にモバイルによる実験を追加。両実験の結果を踏まえ、2015年中旬以降の本格発行を予定している。

page toppagetop