「unikoカード」を全国のサークルKとサンクスで取扱開始

2014年7月2日14:11

サークルKサンクスは、2014年7月18日から、ユニーグループの電子マネー(磁気式プリペイドカード)「uniko(ユニコ)カード」の利用を、全国のサークルKとサンクス 6,266 店舗(2014年5月末現在)で開始すると発表した。

「uniko(ユニコ)カード」。販売金額は100円で、1回の入金金額は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円、2万円となり、最大5万円までチャージが可能(出典:サークルKサンクスのプレスリリース)

「uniko(ユニコ)カード」。販売金額は100円で、1回の入金金額は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、1万円、2万円となり、最大5万円までチャージが可能(出典:サークルKサンクスのプレスリリース)

同カードは、2013年11月に発行され、ユニーのアピタ・ピアゴ・ユーホーム(専門店売場除く)で、約60万人のカード会員(2014 年6月20日現在)が利用している。今回サークルKとサンクスの店舗に導入することで、既存カード会員のさらなる利便性の向上と新規会員の拡大を図り、ユニーグループ内のスーパーとコンビ二への相互送客を目指す。

利用者は、ユニコカードで買い物をすると、200円(税込)ごとに「ユニコポイント」が1ポイント貯まり、500 ポイント貯まると500円分の電子マネーに自動で交換(事前に顧客情報の登録が必要)できる。さらにサークルKとサンクスの店舗では、毎週土日に「ポイント2倍デー」の特典を受けることができる。

今後アピタ・ピアゴのショッピングセンター内の専門店やユニーのネット通販でも取り扱いを予定し、グループ内で2015年2月末に140万人、2018年2月末に430万人の会員数を目指す。

page toppagetop